老後の安心のためには、持ち家ぐらいないと、と思っている人は多いかもしれません。

でも、住宅ローンが定年過ぎても残っているような状態だと、苦しいですね。それに今の世の中、必ず給料が右肩上がりとは限りません。

もし住宅ローン支払いがキツくなったら

差し押さえられて競売、なんて事態になる前に、手を打っておいたほうがいいでしょう。

実際にローンを滞納してしまう前に相談しておけば、借り換えを行なったり、支払い方法を変更することで乗り切ることができるかもしれません。

ローンを滞納すると、金融機関から督促や勧告が来ます。ローンの一括返済が要求されます。それが不可能であれば、保証会社が代位弁済を行ないます。ここまで来ると、競売へ向けて手続きが進められていきます。しかし、まだあきらめてはいけません。任意売却という方法があります。債権者である金融機関の同意があれば可能です。でも、裁判所からの入札の通知が届くまでに済ませなければならないので、時間勝負です。

競売も任意売却も、家を売らなければならない点は同じなのですが、任意売却のほうが価格の面でも、その他、退去時期などについても有利に事を運ぶことができます。

再び襲った寒さをしのぐ為に機嫌よく温泉行って帰ってきたらポストを確認してまじまじと一枚の紙切れを眺める主人。またなんか変な手紙か郵便でもあったのかなと思いつつ荷物を持って車から出ようとするとその紙を見せられた。また支払いのお知らせ。祭日に来ないで欲しいなあ。なんだかせっかくの気分が台無しだよ。たいていの人が平日はいないからって休みの日に来たんだろうけどうちは休みの日こそ外に出るからサイクルが違うんだよ~。

支払いの知らせだけならまだしも値段が上がってる!税アップのせいなのは読めるけど断りの言葉もなしってどういうこと?まだ4月にもなってないのにもう今からなんだ、と思ったりして。来月はキャッシングでもしなきゃ無理かな。あれにこれにそれに、支払いばっかだよ。支払いの催促ばっか来ないでよって言っちゃいました。知らせもなく値上がりして平気で徴収しにきてることに腹を立てて。

こんな時のためにもキャッシングは常備しとくぐらいでないとね。だけど増税で値上がりしたならその一言ぐらいつけとけよって思いました。スーパーのレシートにだって早くから書いてるというのに。こうやって書いてくれてあるとお店の方針もわかるけど何もなしで値上がりした額で金払えっていうのはなぜかすんなり払う気になれないんですよ。